熊本の風俗は女性のレベルが高いです。

今回ピンサロで指名した栞ちゃんも童顔でカワイイ女の子でした。

プレイが始まり対面座位のようなスタイルになって栞ちゃんが抱きついてきました。

栞ちゃんは俺の身体を舐めまくります。

汗ばんでいる俺の汗を舐めて楽しむような淫乱な女の子です。

俺も栞ちゃんのオッパイを揉み始めます。

栞ちゃんは俺の耳に口をつけてハアハアと吐息を漏らし始めます。

そして耳の中に舌を入れてきます。

耳にはネチャネチャという音が聞こえて興奮してしまいます。

完璧に栞ちゃんのペースに俺はたじたじになってしまいます。

そして栞ちゃんのTシャツを脱がしてブラジャーをデコルテ部分にずり上げます。

オッパイは美乳と言っていいでしょう。

見事な膨らみを見せています。

そして、栞ちゃんのバストトップを舐めながらもう片方のオッパイは指で摘まみ上げます。

ピクピクと面白いように反応する栞ちゃん。

栞ちゃんは俺のパンツを脱がしてフル勃起して先走り汁がトロトロになっているオチンポをぱっくりと咥えました。

ローションなどなしで自分のおまんこからバルトリン腺液をすくい取って亀頭につけて、さらには唾液を垂らします。

俺はこんなエッチな攻撃を受けて5分ぐらいで栞ちゃんの口のなかにドクドクドクとザーメンをぶち込みました。

その後は時間がくるまでまったりと抱き合ってすごしました。